包茎手術でコンプレックスを解消【気軽にできる手術】

陰茎を立派な状態にしよう

下半身

性器の不具合と改善方法

男性の性器である陰茎は成長に伴って大きさが増し、成人になるころには包皮が後退して亀頭部分が露出した状態になります。しかし、人によっては包皮が後退せずに亀頭が覆われたままになっている、包茎の状態になることがあります。包茎は陰茎の機能や健康面での不具合はありませんが、常に包皮が尿道を塞いでいる状態なので尿が付着しやすく、悪臭の発生に繋がります。また、包皮が余った状態は見栄えも良くないので、医療機関による治療を受けるのが亀頭を完全に露出させる方法の一つです。包茎治療は包皮を切除するのが一般的な方法ですが、陰茎に切除した傷跡が残ってしまう欠点もあります。そのため、現在では完全に切り取るのではなく、余った部分の包皮を折り畳むように縫い合わせて亀頭を露出させる治療方法が主流です。完全に切除する方法と比べて陰茎への負担が少ないのが利点です。また、傷跡も目立たないので包茎治療を受けたことを第三者に知られる心配がありません。包茎治療は同じ内容でも医師の技術力で仕上がりの良し悪しが大きく変わることから、必ず複数の医療機関を比較してから判断します。包茎治療は医療行為には当てはまらないので治療費の全額を患者が負担するのが普通です。しかし、排尿や射精に悪影響をもたらすほどの包茎であれば必要な治療と判断され、保険が適用されるので金銭の負担が大きく軽減されます。包茎は自分ひとりでは悩まず、病院での検査を受けて適切な方法で改善を図ることが大切です。

Copyright© 2018 包茎手術でコンプレックスを解消【気軽にできる手術】 All Rights Reserved.